スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気工事終了

工務店の営業さんは、いい人なのだけど、「これは、○月○日に工事します。」とか「○月○日までにはできます。」というようなはっきりとした目安をいってくれない。
聞いたら、「折り返し電話します。」
時間を置かずに返答があるものの、ちょっとね。
コンセントの工事なんかもしかり。

でも、電気工事も電気工事で、工務店と連絡を取らずにやってきちゃうし・・・。
立ち会うようにしておいたからよかったものの、鍵は工務店さんが持っているので、立ち会わなければ家の中にも入れなかったはず。
これは、連絡とってないな・・・。って思ったので、営業さんに電話。
「すぐに電気工事を手配してくださってありがとうございます。今工事していただいてますので、助かりました。」っていうと、「今現場にいってらっしゃるのですか?」と、「はい、そうですよ。」と私。
「お手数掛けました。」と営業さん。
あとから、もめるのが一番嫌だから、ちょっとイヤミぽかったけど、報告がてらの電話でした。

コンセントの工事は、壁紙はがしての作業になるかと思ってましたが、目立たないところに(棚の中に)穴を開けて結線して、カバーをつけるという作業ですみました。流し元灯もつけられて、これで全て終了のはずです。

追加で家族用玄関の内戸にステンドグラスをつけていただくようにお願いしていたのですが、夕方いったら引き戸がなかったので、建具屋さんにいっているのだと思います。
21日の引渡しまでに全てができあがるように、がんばってくださいね、工務店さん。
スポンサーサイト

引渡しの日は決まったけれど・・・。

最後の完成見学会が終了して、家の中は元通り。
全てのパネルが撤収されて、あとは引渡しを待つだけとなりました。
↓で書いたように残っていた室内工事も終了。
なんて思っていたら、大きな大~~~きな落とし穴。
キッチンの収納側のコンセントが通電していないことが、設計士さんから打ち明けられました。えぇ
何でもコンセントの場所の移動によって線を繋がなきゃいけないところを、繋がないうちに壁の穴(コンセントの場所にならなくなったところ)を塞いで、壁紙を張ってあることが分かったそうな~~~。
そ~~んなバカなえぇ開いた口がふさがない状態です。
コンセントを上の場所から下の場所に位置に変えることは設計士にも電気工事の方にもキチンと伝えました。ずいぶん前の話だから、結線してあると誰も思うじゃない!結線するために壁紙はがして、もう一度壁に穴を開けるの?あ~~~ぁ。がっくり

引渡しは21日午前9時30分です。それまでに直るかな~~~?jumee☆whyL

ココにきて思うこと。

我が家を建ててくれてる工務店さんは、営業2人・設計士1人・経理1人の計4人の小さな有限会社さんです。だからか?とても決め細やかで、「いいたいことはすべて言ってくださいね。」って、とても低姿勢。
でも、ココに来て、ちょっと営業さんのこの低姿勢がとても負担。会って話しているときはそうでもないのだけど、電話で話していると、【そこまで、した手にならなくてもいいよ~~~。】って気持ちになる。
そりゃ、高飛車に出られるよりは、ず~~~といいんだけど・・・。気持ちがしんどくなるんだよね~~。

あと2ヶ月。ちょっと、しんどいですわ~~~。困り顔

施主支給と要望

私たち自身が気に入ったものを直接購入して、工務店さんに取り付けてもらうことを施主支給というのだが、大物(キッチンだとか、バスだとか)はだいぶ前に諦めたけど、小物はいっぱい施主支給になった。照明器具も最終的には施主支給になったのだけど、杉板で作る引き戸やドアにつけてもらうステンドグラスや1階トイレにつける手洗いだとかも施主支給です。ステンドグラスも当初は小さいの5枚といっていたのに私が大きいのを見つけて購入した(shopのセールで3割引)ので、急遽+1になってしまいました。極めつけはカントリー洗面台だわ。
私たちがお世話になっている工務店さん(BAUHAUSE)は、嫌な顔されずに「ハイ」って受けてくださる。話が2転3転することもしばしばなのに、こまめに足を運んでくださり頭の下がる思いです。
うちは、ペットのうさぎ黒うさぎのためのスペースや引き戸にうさぎ黒うさぎの出入り口を作ってもらったり、カミカミ対策に板を張ったり、コンセントを高い位置に設置してもらったりとかわがまま言い放題。
それ以外にも建築には入ってから明り取りを作ってもらったり、棚を作ってもらうようにしたりと好き放題です。一番大きな変更は、設計にまったく入っていなかった水場(洗面台)を2階につけるという大胆なお願い。それでも設計士さんは、答えてくださいます。言った者勝ちって言うこともあるのでしょうが、お客さんの要望にでいるかぎり答えたいという姿勢は本当にうれしいものです。

電気工事

絵文字名を入力してくださいの設計建築は工務店さんにお願いしている。だから、入ってくださる大工さん、瓦屋さん、左官さんなど工務店さんがきっとじっこんにしている業者さんばかりだと思います。
そんな中、電気工事業者だけダンナのいとこに入ってもらうことになっています。
ダンナ曰く「それが契約の条件」なのだそうだ。いい仕事をしてくれれば、私は誰でもいいのだけど・・・。
さぞかし工務店さん特に設計士さんはやりにくいだろうな。
始まりは、「請負金額」。
工務店さんとしては、安くていい家を建てたいという気持ちからなのですが、ダンナのいとこにとっては安すぎるって、私たちに泣きついてきた。えぇ
それは何とかなったのだが・・・。(いろいろあったけどね。)
その後、「テレビドアホンの値段のこと」「エアコンの設置位置のこと」「リビングの照明の位置のこと」など、施主の私たちに聞いてくる。
う~~~~ん。苦笑い
それって、設計士さんに聞くことじゃないの?「テレビドアホン」については、聞いてきてもわからなくないけど・・。
これでいい工事できるの?だんだん不安がアップしてきた。
工務店さんが、お風呂の色の確認のため電話してきてくださったので、
「値段が高いので、ドアホンをテレビからインターホンに替えます。」って報告したら、「そんなに高くはないとおもいますよ。この前のおうちが付けられた製品を調べてみます。」っていってくださり、すぐに調べて電話をくださった。
身内より工務店さんのほうが親身じゃん~~~。苦笑い
これなら、ネットで安い奴探すわ。
工務店に施主支給の電気工事をお願いして、テレビドアホンをその電気工事業者(=ダンナのいとこ)にまた施主支給するって、ど~~~なの~~?泣き顔
プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。