え~~~~~。見積額が・・・。

ええ、見積額が私たちの希望している金額をオーバーしていることはわかっていましたよ。
営業さんと設計士さんの口ぶりで十分にわかっていましたが・・・。

でも、でも、

400万円もオーバーしてるなんてガーン

オーバーしている上に見積額の中には照明器具もカーテンも入っていないなんて・・。

ありえない~~~~。えぇ

資金計画・・・。ぐっちゃぐっちゃがっくり

何でそんなに高くなったのか?分析してもらおうじゃないの。
そんでもって、削ろうじゃないの!!
けんか腰になっても、ただ、むなしい。泣き顔
スポンサーサイト

設計図二転三転・・・、ようやく見積もり?

当初の設計図から、面積を減らし、キッチンの場所も変更し、ようやく収まりつつある設計図。
でも、まだ見積もりは出ていない。
おおむねの部屋仕様は伝えてはあるけれど、設計士さんの思いもあるから、最初はいいもの(高いもの)で提案してくるんだろうな。苦笑い
キッチンもシンプルなものに徹底してしたけど、なにせオール電化住宅となるとコンロはIHだから、当然普通のキッチンより割高になるはず。
床は、最低のものでいいから水回りを除いて無垢のフローリングにして、リビングとダイニングの壁は漆喰か珪藻土にして・・・・って伝えてあるから、やっぱりたかくなるよな~~~~。顔
それに、薪ストーブを設置するんだもの。
高くなる要因ばかりだから、予算で収まるはずもないのは承知。
でも、いくらの見積もりが提示されるのかな~~~。

西向きのキッチン

ダイニングに向いた対面式のキッチンをあきらめ、家事室をあきらめた図面をこちらからお願いしたのだが、新たにキッチンを作る場所が完全に西側の壁につけるキッチンだったのです。ガーン
家相や風水にこだわる性格ではないのですが、西日はとても疲れるのは体験上わかります。
その西日を受ける壁に向かってキッチンを作ろうとしていたのです。(完全に設計が終了していないので、変更はできると思いますが・・・。)
スペース的にはもうここしかないのですよ~~~。泣き顔
西側に断熱材をしっかり入れてもらうか?庇をしっかり深くしてもらうか?窓をなくすか?
遮熱ガラスにしてもらうか?そのくらいしか方法は思い浮かばない。変な汗
最悪だ~~~。がっくり

施主支給をあきらめる。

住宅設備をこちらで購入して、全体の金額を抑えようと思っていましたが、ネットで調べていくほどに不安は大きくなり、メリットよりデメリットの方が多いような気がしてきました。
夫婦共働きで、工事中に差し入れができるのだろうか?って思っているほどなのに、
工務店と施主支給会社の調整をすべて行わないといけないとなると、気がおも~~~~~い。

安くなる金額<気力+体力+調整力+不安

この式しか成り立たないような・・・。泣き顔です。

そんなこんなで、施主支給はお蔵入りとなりました。(まだ、工務店さんには施主支給やめますって、言ってないけど・・・。)

設計図を読んでいくと、結構削れそうなところがあって、少しずつ小さくなっていく将来の我が家絵文字名を入力してください
本当に切ないな~~~。っておもう今日この頃です。がっくり

3回目の打ち合わせ

昨夜、設計士さんとの3回目の打ち合わせでした。
今回もあちらこちらに手を入れてます。うしし
一番大胆なのは、キッチンとダイニング。
現在壁を目の前にして料理をしているので、新築したら目の前を開放的にしたいと思い、対面式で設計してもらったのです。
でも、思った以上に延床面積が大きくなり、減らさなければ予算に収まらないのが事実です。
そこで、家事室をなくして、そこにキッチンを押し込むことにしました。とりあえず、シンク前に窓を付けてもらえるようなので、それでナイスです。
それから、うさぎうさぎ黒うさぎのスペースを半分にしました。
2階の部屋配置も変えて、オープンスペース部分も変更。
リビングの薪ストーブの位置を変えて、全体の配置も修正。それに伴って、窓位置も変更。
オール電化にするので、当初予算より工事費、設備費共に膨らみます。
少しでも安く出来る方法を考え、同じものを安く手にいられるという施主支給を本気で考えています。

あ~~。そんなにさわってもいいのか。

設計図を見ながら、いろんなところの変更をかけてしまう夫。
予算内にいかにして収めようとしているためなので、しょうがないといえばしょうがないのだが、設計士さんくたびれるんだろな~~~。
打ち合わせをするたびに、ここが変更。ここは元に戻してって。
私が設計士なら、きっと事務所に戻ってからグッチってます。
許してね。設計士さん。

設計図が小さくなる

こんな大きな家がこちらの思った予算で建ちそうもないことを察した夫婦は、削れるところを削ろうとしました。
手始めに6畳の納戸部分を4畳に。これは、私にとっては痛くもかゆくもない。
その後、キッチン・ダイニング部分をもう少し狭くしようということjumee☆faceA138に、併せてうさぎ黒うさぎのスペースも半分にとなった。キッチン部分を変更することになると、対面キッチンは無理となり、壁を向いてのキッチンとなりそうです。これには、ちょっと泣き顔
あ~~。どうなるのかな~~~?

薪ストーブがやっぱりほしい。

薪ストーブのおうち2件目を昨日見せていただきました。
外壁が漆喰壁のおうちで、こちらのイメージしている家の雰囲気によく似ています。
間接照明を使っていらっしゃって、室内はちょっと暗めですが、山小屋をイメージしての建築なので、施工主さんの希望らしいですね。
薪ストーブがとてもいい。ストーブ回りが熱いのではないかと思っていましたが、それほどでもなくて、これなら、近くに家具があっても大丈夫そう。
奥様が自分で火炎をつけていらっしゃるとのことで、「難しくないですよ。松ぼっくりで割と簡単に着火しますから。」っていってましたね。
これは、ぜひ付けたいです。bikkuri01

そのあと、打ち合わせ。前夜遅くまで、夫婦であーでもこーでもないと、図面にペンsai.fountainpen-rを入れた。
娘の部屋のロフトは取りやめ、その代わり、ロフトタイプのベットを購入を約束しました。
打ち合わせ夫の第一声「こんなに大きな家が、あの予算でいけるんですかね~~。材料を何にするかで、落としていくしかないんですよね。」
設計士さん、何も言わずにニヤニヤうししって笑ってました。お~~~~。怖い。がーん
これから、切ない作業の開始になりそうです。泣き顔
プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる