スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の新入り

とりあえずどの部屋にも時計はつけている。
前のおうちから使っているものもあれば、引越しと同時に購入したもの物もある。
昨日、階段を上がった2階のホール(ホールとはいえない小さな階段周りといったところなのですが・・・。)に時計を購入した。
黒いアイアンのフクロウの時計。フクロウ時計

文字盤がとても分かりやすくて、尾羽部分が左右に振り子のように動く。
別の用事で入った家具屋さんの雑貨売り場で一目ぼれした。おまけに2割引。スゴイ
これで目が⇔左右に動けばもっと可愛いのだけど、アイアンで出来ている方が優先なので、これはかわないこと。
我が家の一番の新入りさんはこのフクロウさんです。
そういえば表札もフクロウです。
スポンサーサイト

家は建てたけど、庭はまだ出来ていない。
この庭は、ダンナさんがえらい気の入れようで、あまり口を出さないことにはしている。
ただひとつ、私が花を植えれるだけの花壇の場所だけは残してほしい・・・。そのことだけ守ってくれれば、好きなようにしていい。だって、ダンナさんの思っている【和の庭】はよくわからないから・・・。
庭は2箇所。どちらも小さな場所。
リビングとダイニングの掃き出し窓に面した庭。宅配ワンちゃん
雨だれで土が跳ねるため漆喰の塀が土で汚れたので、雨の跳ね返りを少しでも緩和するため、ダンナが芝生を植えただけの庭です。あまりにも殺風景なので、ブリキのプランター【宅配ワンちゃん】を置いてなごんでいます。プランターに入っているのは【ベルフラワー】。近所のお花屋さんでこの状態で売っているのに一目ぼれでつれて帰ってきました。首がバネになっているので、頭をちょんとつつくと首を振るんです。耳が葉っぱのようになっていて、可愛いですよ。
話がそれてしまいましたが、明日から造園屋さんが入るので、ここにも木が植わります。
家を建てる前にこの土地に植えていた木々は、ほとんど造園屋さんに預かってもらっています。
約1年ぶりに帰ってくることになりました。これらの木は、もう一つの庭を中心に植えられるとは思うのですが、先日造園をしてもらう前にようやく塀を作ってもらいました。
木の塀です。H21.3.15庭
前の家の猫の額ほどの庭においていた雪見灯篭と、この土地から前の家に避難していた椿と蝋梅が仮植えですが帰ってきました。どんな坪庭になるんでしょう。ここにはあまり関心がない私です。


オール電化にしてみて

今この絵文字名を入力してくださいは、オール電化。
給湯はエコキュート。キッチンのコンロも電気。(矢印・左当たり前)暖房は薪ストーブとエアコン、次男の部屋だけ灯油ファンヒーター。
前のおうちは、給湯は灯油で、キッチンのコンロはガスで、暖房は灯油ファンヒーターと電気カーペットとエアコン。夏場はエアコンが3台動いていました。

毎月の電気代の比較をしてみました。
前のおうち・・・冬場の電気代の平均17,000円/月、ガス代3,200円/月、灯油6,000円(ひと冬に20缶(18L)の使用で一月平均4缶として、その当時の値段が1缶1,500円とするとこんな感じ?)
合計すると、1ヶ月26,200円。えぇ
今のおうち・・・冬の一番寒い時期もようやく終わりにはなってきましたが、電気代15,000円。
ガス代なし、灯油一月1缶弱で1,100円。合計16,100円。
リビング・ダイニング・キッチンの暖房は薪ストーブなのですが、この冬はただでいただいた薪を使用しているので、ほぼ0円。
単純には比較は出来ませんが、でもざっと考えてもかなりお安くはなっているようです。
工務店の営業さんには、電灯の数が前の家に比べると3倍くらいの数になっているので、あまり電気代は安くならないと思うので、安さを期待しないでくださいといわれていました。
今は、共働きで、子供達も昼間は学校なので、電気代はこの金額なのだと思います。
仕事をやめて、昼間おうちにいるようになったら、この電気代ではすまなくなりそうですね。
現在の状況で、オール電化は正解でした。電球

この絵文字名を入力してくださいでの夏の経験はまだないので、夏場の電気代はまだ分からない。冷房は全てエアコンがフル活動して、子供達も夏休みだから・・・・。電気代は前のおうちよりきっとアップするでしょう。ちょっとがーんの状態だと思います。

和室

和風の外観の我が家。
中に入ってみると、そんなに和ではないのです。
唯一、『和』を完全に満たしているのが、1階のこの和室。
2階にも畳の部屋があるのだけど、壁も天井もクロス張りにしたせいかそんなに『和』を主張していない。
ここだけは、ダンナさんの思い通りにした部屋かな?
1階和室部屋の一角。水彩画の色紙・陶器・民芸調のライト。その中で異質な目覚まし時計ハピィwちょっと愛嬌です。
床の間床の間。今は県外に就職した長男が高校生の時に書いた書を掛けています。床の間の壁の色は、部屋の壁より濃い色にするのが正しいのだそうです。
お掃除の時にくらいしかこの部屋に入ることはありませんが、この部屋に入ると、しゃんとした気持ちになります。
プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。