アフター

downの記事の木製ラックに絵を描きました。
                              アフター
麦です。5色の絵の具で描いてあります。
本当は、ルーターなんかで彫れればいいのですが、集成材なので硬いし、その上そんな技術もないので、絵にしました。
ちょっとは、存在感ができたかな。
これから、アイアンで取っ手をつける予定です。
ちなみに、この裏側はdownの記事のラックのままです。jumee☆faceA133
スポンサーサイト

ビフォー

ストーブの季節は終わり、ストーブ周りの小物達も次のシーズンまで待機に入りました。
冬の間中、ストーブの近くにおいて、着火剤やクリーナー、チャッカマンの置き場としていた木製ラック。ビフォー

私が木工を始めたごく初期の作品です。カウンターの下に入れたかったので、キャスターをはずし、上部の部分もカットしました。
このうちでは使えないだろうと思い、処分も覚悟していたので、どんな形にしろこのうちに置いて使えるなら、このくらいの変身は許容範囲。先代のうさぎももちゃんや黒うさぎくろちゃんにしっかりかじられた形跡も残っています。


さて本題です。
この木製ラック。ここからまた変身していただくことにしました。
ストーブのいらない夏シーズンもこのリビングにいるのですから、ちょっとお化粧をしてあげようと思います。
さて、どんな風になるのか・・・。
<ちょっと、色を添えるだけなのですが・・・・。>

見切り品の花

けっして広くはない庭ですが、ここでは好きな花が直植えで育てられます。
コレは、前のお家では、できなかったことです。
自称『枯らしの名人』の私は、なぜだかプランターで上手に花を育てることが苦手です。
だから、手をかけてやらなくても育ってくれるのが、直植えのいいところかもしれませんね。
こんな私が、無謀にもガーベラを鉢で育てています。
ホームセンターの花コーナーの隅っこで見切り1鉢200円で売っていたガーベラ。
どんな色の花が咲いていたのかも分からない鉢でしたが、こんなに綺麗に咲いてくれました。
うまくこの夏を乗り切ってくれれば、秋にもまた咲いてくれるそうです。
ピンクのガーベラが好きなのですが、その色の鉢はなかったようです。jumee☆imbeaten1R
さて、この夏、どうやってのりきって貰おうか?
他力本願(ガーベラ任せか?)です。
ガーベラ1ガーベラ2
鉢植えは見切り品を買ったのですが、ガーベラは大好きなお花です。
これらの鉢を買ってから育て方を調べて分かったこと。
茎の長いあの形は、人工的に作ったものなのだそうです。自然なガーベラの茎はそんなに長くはありません。
それからガーベラの葉っぱ。花屋さんで見かけることはなかったですね。鉢植えを買って、初めてガーベラの葉っぱを見ました。
↓のガーベラの切花もお買い得コーナーで2輪80円で売っていたものです。
アレンジでオアシスに差してやると花もちがとても悪いのですが、花瓶に挿しておいてやると綺麗なままで結構長く咲いていてくれます。時々花瓶の水換えと水切りをするだけで、6輪240円の花が玄関を赤く彩ってくれてます。
ガーベラ3
こんな風に生活を彩ってくれる花。
新しい庭で、綺麗に育てたいな。
プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる