もう雪はいいです。

ようやく、道路から雪がなくなって、朝の渋滞が緩和されたと思っていたのに・・・・。
また、雪が降って、列車は止まる・・・、飛行機は飛ばない・・・・、高速バスは峠でスリップした県外トラックで足止めをくらう・・・。いいことなんにもない・・・・。
今日(いやもう昨日だ。)大阪に高速バスで日帰りをしてきた。
雪だから、多少は遅れるのを覚悟で、1本早いバスに乗ったのに、1時間遅れでした。
そして、大阪はもちろん雪はなく・・・。
鳥取を出るときには、長靴が必要なくらいの雪で、、、、。
でも、長靴では恥ずかしくて大阪の街は歩けないから、防水になってる靴にして、雪の中出かけました。
そして、帰ってきたら、車の上には30センチ近い雪・・・。
一日中降ってたそうです。
まだ、大雪注意報が出たままなので、明日も雪だと思います。今日


大阪がうらやましい。
もう雪はいいです。
でも、こんなに雪が降っているのに、鳥取のほうが大阪より寒くないの・・・・。
寒さの質がどうも違うらしい・・・。
寒さから言うと、鳥取の方がいいかな。
でも、雪はもういらない。
でも、寒いときはこんな風に仲良し。なかよし
スポンサーサイト

倉吉 赤瓦へ

倉吉市(くらよしし)は、鳥取県の中部にある市です。私は今から20数年前まで倉吉市が勤務地でした。独身のころ4年ほどですが住んだことのある町です。「くらしよい」から倉吉になったとも聞いたことがあります。
その倉吉市に昨日出かけました。年に数回は、何かと楽しみに行く土地ではありますが、鳥取市にはない雰囲気を持つ街です。大好きです。
さすがに20数年離れると、街も変わっていますが、懐かしいお店が残っていたりするとうれしいものですね。
昨日の目的は、①完成した住宅の見学会(所有している山の木で住宅をほぼ建てられたおうちだそうです。)
②カフェや雑貨等のお店めぐり③倉吉の白壁土蔵群と赤瓦散策
の3点でした。
鳥取市に比べ、雪はぐっと少なく、でも、雨(みぞれ)で寒かった。
いろんなお店で、小さな小物を購入したり、いろんなものを見たり、楽しかった。
その中でも、どうしても行きたかったお店は、白壁土蔵群のそばにある「アンティークショップ オークランド」。ヨーロッパから輸入したテーブルや家具を扱うお店なので、金額もそれなりにお高いはずなので、一人ではふらっと立ち寄ることに躊躇してました。今日はだんなも一緒だったので、勇気を出して入りましたが、お客は私たち1組だけなので、こりゃしまった!と、でももう出られないし・・・。
目に付いたのかステンドグラス。以前から、玄関玄関の表札上のFIX窓にステンドグラスを入れたいと思っていたので、ここでちょっと物色。はっきりしたサイズを覚えていないので、このくらいのサイズのものでと、見せていただきました。似たようなサイズのもので2万円~5万円(年代によっても値段が違う。)くらい。高い?安い?よくわからない・・・。
サイズを測って、もう一度こさせてもらいますといって、お茶をにごし・・・。中を見せていただいていいですか?と店内を見せていただきました。テーブル、椅子、アンティークの人形、シャンデリア、アクセサリー・・・。みんなお高い・・・。
帰りがけ、店舗入り口に飾ってあったステンドグラスに目が行っただんな。「これいいな。サイズはあうかな?」
って、お値段は108,000円だよ。
すかさず私は、「お父さん、それ大きいよ。壁をはつらないと、入らないと思うけど・・・。」フォロー成功。
お店の方は、店舗の扉につけてあるステンドグラスの施工例もいろいろと見せてくださいました。

帰宅してからFIX窓のサイズを測り、いろいろ検討。でも、急ぐものではないし、じっくり考えて、また、来店を考えましょうと、いうことに・・・。ちょっと楽しい時間をもてました。

これ以外にも、倉吉の赤瓦のあたりには面白いお店がたくさんです。
もし、お近くの方がみていらしたら、観光も含めて、お勧めします。

智頭雪まつりへ②

さて、夕方5:00になり、智頭駅前に車を駐車して、雪まつりへ。
駅前に大きな雪のすべり台が作られていて、子供達がそりをしていました。
振る舞い酒ならぬ甘酒をいただき、竹の灯篭を購入して、街の中を歩きました。
竹灯篭の火が消えると、町の方が声をかけてこられ、火を灯してくださるという、人の温かさもあるお祭りです。
会場となる智頭宿の道には雪灯篭が並べられ、お寺の階段は雪灯篭階段雪灯篭の階段に・・・。その階段の中に、くろすけと同じフォルムの雪うさぎを発見。雪うさぎ

和雑貨カフェの前にはふくろうかまくら
が、このお人形の入ったかまくらには、ちゃんと煙突がつけてあって可愛くて、ほほえましかったです。
もちろん人間の入れるかまくらもあり、中では七輪で焼き鳥を焼いていらっしゃいました。
雪灯篭のほかにペンギン陶器でできた灯篭や竹灯篭竹に穴を開けて作った灯篭も・・・。
民家を開放しての鉄筋アートが灯りに照らされて、幻想的なムードを・・・・。鉄筋アート1  鉄筋アート2
もちろん町のあちこちには小さな雪像が・・・。これは麒麟獅子麒麟獅子
他にはアンパンマンや和雑貨カフェの前のふくろうやペンギンや猫や・・・。それぞれのお宅のアイデアで作成されてました。
もちろん、お祭りなので、屋台もいっぱい出てました。
もう少し雪があったほうがいいなと思いつつ、歩くにはちょうどいいかなと思ったり・・・。
町民あげての手作りの雪まつりといった感じで、あったかほんわかのお祭りを堪能してきました。
アマチュアカメラマンさんがたくさんで、ろうそくを灯した竹灯篭をもって歩いていたわか娘は、写真のモデルを何人かの方にお願いされてました。照れつつも、カメラに収まる娘が可愛く見えました。(親ばか!)






智頭雪まつりへ①

昨日2月4日に鳥取県の南東部に位置する智頭町『「第13回智頭宿雪まつり』がありました。
鳥取市は全国ニュースでも放送されるくらいの雪なのですが、智頭は山間にある町なのですが、雪は多くありません。こちらでは、智頭に大雪が降ると「もうすぐ春が来るね~~。」というくらいなので、春前に降る地域なのです。といっても、雪はそこそこはありましたよ。
だんなは仕事だったので、娘と二人、午後から智頭方面に・・・・。
やはり雪まつりは、夕方からがメイン。(雪灯篭で幻想的・・・が目的なので・・・。)
智頭を貫けて、黒尾峠を越えて、いつもの美作市にある「カフェ ロッキーガーデン」さんへ・・・。
ここでカレーセットで昼食。カレーセットいつもならここでコーヒーコーヒーもセットにするのですが、きょうはもう一つ行きたいところがあったので、がまん我慢。
『カフェロッキーガーデン』の窓の外は鳥取市より春めいて見えます。ステンドグラスがとてもすてきですね。水の妖精
お昼をすまして、もう一つ行きたいところへ。
黒尾峠の手前にある智頭町の『カフェぽすと』ぽすと
澤田直見さんのHPで2月4日と5日に臨時営業されるとか・・・。ただ、営業されるのはお友達のさよさん。
でも、あの雰囲気はとても落ち着けるので、嬉しいですね。飲物とケーキをいただきました。ぽすとの薪ストーブこちらも薪ストーブに火が入ってましたよ。かなり年季の入った変わった形の薪ストーブです。火は外からはほとんど見えていませんが・・・。(この写真は春か夏にとったものなので、感じが違うかもしれませんね。ごめんなさい。)
雪まつりの灯篭点灯までの時間くらい前まで、ゆったりと過ごさせていただきました。『カフェぽすと』の時計はネジ巻き式で「ボ~ン」ってなるんですよ。コチコチと時を刻む音も、この室内ととてもマッチしています。
早く、このカフェが臨時ではなくオープンされるのが待ち遠しいです。
雪まつりへいくために出かけた智頭方面ですが、長くなったので、雪まつりのことは、次の日記に・・・。
リーフレット

プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる