スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポートベロ アンティーク館

先日、ステンドグラス教室で行ったけどだめだったお店ポートベロ アンティーク館に昨日夫婦で行ってきました。
朝ごはんの時、だんなが「いい天気だな~。どこか行きたいな~。」と一言。
「先回いけなかった岡山のステンドグラスのお店に行ってみる?」と聞くと、即決で「では9:30出発で・・・。」と返事が帰ってきた。
有料道路は使わず、4車線道路を走ることなく、お店にたどり着けるルートを検索して出発しました。
我が家の車にはナビなんてありません。グーグルで検索したルートを地図にして出発。
鳥取→智頭→佐用→上郡→備前→岡山
途中、地図を確認しながら2時間45分で到着。
ルート検索では2時間37分と書いてあったので、ほぼ道に迷うこともなく到着したことになりますが、助手席で地図を確認してナビしていた私はかなり感に頼っていました。
到着したポートベロポートベロ 外1ポートベロ 外2
お店の中はポートベロ アンティーク館1 ポートベロ アンティーク館2
アンティークのステンドグラスや家具、ランプなど魅力的なものばかり・・・。
ステンドグラスを見に来たつもりだったのに、購入する予定はなかったはずなのに・・・。
ハンギングランプにはまってしまっただんなさん。
私も嫌いではないので・・・、いや・・・、大好きなので・・・。
ステンドグラスからハンギングランプに急きょ目的替え。
そうなると夫婦であれこれと品定めが始まりました。
候補に挙がったのは3つで、そのうち悩んだけど、ガラスのほやが合わなかったこの2つは悩んだランプ最後の最後に候補から外れました。
別売りのガラスのほやがなんとかはまったこのランプハンギングランプを購入。
これからこのランプを吊り下げる一番いい場所を探します。
だんなさんが一番気に入ったところになります。

帰ってきてわかったこと。
だんなさんはこのランプが中古品であることがわかっていなかったようです。
アンティーク=骨董品であることを初めて理解したようです。

帰りは来た道とは違う道で帰ることにして、道路標識を見ながらたどり着きました。
岡山→赤磐→美作→奈義→智頭→鳥取
こちらも2時間45分で到着。
標識で何とかなることがわかりました。
帰りの道のほうがわかりやすいかな?
今度行くときにはこの道を使おうと思います。




スポンサーサイト

クラフト館岩井窯

鳥取市の東部に位置する岩美町にあるクラフト館岩井窯クラフト館岩井窯

その岩井窯にある喫茶HANAで23日夫婦でお昼にしました。
食べたのは岩井窯で焼かれた土鍋で焼いたビビンパ。土鍋焼きビビンパ

コチジャンをお好みの量入れて、かき混ぜて食べるのですが、とてもおいしかった。
この土鍋は、この窯で焼いたもので、お店で買えます。
ただしそのお値段は6,000円

コーヒーカップやお湯飲みや急須も喫茶店で出される食器はすべて岩井窯のもの。
購入は無理でも、喫茶店内で使われているので、十分楽しめましたよ。
主人も「これいいな~~。」と思ったカップは8,000円でした。
うちの次男が好きそうな焼き物がいっぱいで、主人と「あの子なら、きっと買うだろうな。」といいつつ、何も買わずに帰りました。
でも、目の保養は充分させていただきましたよ。

ステンドグラス教室

現在4つ目の作品に取り組んでいるステンドグラスです。
その作品はハナミズキのランプ12インチです・・・。
カットするピースは312ピース。
カットに時間がかかり、なかなかカットが終わりません。カットだけですでに教室3回目?
カットの途中で失敗して、新たにカットしなおすこともしばしば・・・・。
今日は3つやり直しをしたかな。
でも、たいぶ、カッターの使い方に慣れてきたような気がします。
数が多くて大変だけど、カットするのって、好きだな~。
ルーターにかけていくのも好きだけど。
ただただ、コツコツとカットしてます。

教室では、わたしはのんびり屋さんのように思われているようです。
決して、そんなことはないので、ちょっと可笑しい。
実はとってもマイペースな気せりです。
ただ、皆さんが退屈だと思うことが、結構好きだったりするので、そう思われるのかな?
トールペイントだったら、べた塗りだったり・・・・、
ステンドグラスだったら、カットだったり・・・。結構、好きです。

まだまだ、完成までに時間がかかるようです。
秋から始めて、完成はもしかしたら来年の夏だったりして・・・・。
あながち間違いではないような気がする・・・・。

ストーブ始めました。

今日は、12月中旬のような寒さになりました。
夕方の事務所は寒くて、今夜は鍋にしようか、おでんにしようかと、ついつい話になりました。

そして我が家の夕食はおなべになり、そしてストーブにを入れました。
くろすけにストーブの前に行くように言うのだけど、は思い出せずにいます。

「くろすけ、ストーブを始めましたよ~~~。」

なんてこった・・・。

ステンドグラス教室の先生のおさそいで教室の生徒さんと一緒に行ってきた岡山市にあるアンティークハウス ポートベロですが、なんと、なんと、昨日11月9日日曜日は定休日でした。

先生、調べておこうよ~~~。
お店の方、日曜日にお休みなんて、商売っ気ないの?

なんて思っても、お店が開くわけもなく、外見だけ見て、その場を立ち去りました。
ここに着くまでもナビがあるのに道を間違え、大回りしてようやくたどり着いたといういわくつき・・・。
先生発案で先生の車で行きましたのでみな怒ることもせず、ま~、1日中雨でしたのでドライブだと思って車内を過ごしました。
でも、おおよその行き方は分かったから、今度はだんなと行きます。
うちはナビなんてしゃれたものはないので、地図を片手にがんばるぞ~~。
この状況が我が家の出来事でしたら、たぶん今日も気まずい雰囲気でしょうね。

大山にあるカフェとパン屋さん

静岡にあるぬくもりの森の設計士さんが設計したカフェが大山にあることを知り、この連休の土曜日に行ってきました。
そのカフェはふるーるの丘といって、ジブリっぽいというかムーミンの家っぽいというか、このあたり(山陰地方)ではめずらしい建物です。ふるーるの丘 ペンションや別荘が立ち並ぶ一角にありました。
室内には1階に4人掛けテーブルひとつ、2階には2人席が2組。メインはテラス席4組のようです。ふるーるの丘 1階

だからテラスへの扉はフルオープン。
11月初めの今日の気温は17℃。暖炉では薪が燃やされていました。ふるーるの丘 暖炉

オーナーさんに「冬季はいつまでの営業ですか?」と尋ねたところ、「来週くらいまで営業して、お休みに入ります。メインはテラス席だからこの扉も(寒くなって)あけていられなくなるから。いい時に来られましたよ。」とのこと。
カフェに入った時には1階は満席で、2階に上がりましたが、やはりテラス席がおすすめだと思います。庭も庭に立つ小屋も見えるほうがいい感じです。ふるーるの丘 庭4ふるーるの丘 庭3ふるーるの丘 庭2ふるーるの丘 庭1


小物や暖炉、ニッチなど私好みで、ふるーるの丘 扉ふるーるの丘 小物2ふるーるの丘 小物1ふるーるの丘 ステンドグラスふるーるの丘 ニッチ1ふるーるの丘 ニッチ2ふるーるの丘 ニッチ3

このたびは連休で帰省していた次男と行き、ランチふるーるの丘 ランチを食べてきましたが、ここは男性にはあまり好みではないようで・・・。娘ときたらきっともっと良かっただろうと思います。
だから、だんなとはたぶん無理だろうな・・・・。

ふるーるの丘さんを後にして、次に行ったのはコウボパン小さじいちさん。
ふるーるの丘さんでランチをいただいたので、小さじいちさん小さじいちでのランチは予定していないのですが、覗いた食べるところ「食べるところ」は満席でした。
お店のパンは売れた後で、次のパンが並ぶ前で、数は少なく・・・・・、私は、コッペパンとクルミ入りのパンを買いました。
でも、次から次へとお客さんが・・・。
自家製酵母で、材料にもこだわり、健康志向のパン。
県内より関西圏のお客さんのほうに知名度があるらしく、県外ナンバーの車も結構ありましたね。
そうそう、行ったときは曇りで雲が大山にかかっていたのですが、「食べるところ」の窓の前は大山が一望できます。
プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。