FC2ブログ

そういう商売?

今日、布団の打ち直し商売の方がセールスにやってきた。
ちょうど、布団の打ち直しが必要なお布団があって、『ラッキー』と思った。
お話を聞いて、チラシをもらって、「いいタイミング」と思った。
お値段等を聞いたら、「午後から担当者を来させますので、詳しいことは聞いてください。」とのこと。
チラシには【綿掛け布団1枚8,800円(税別)】って書いてあった。
約束の時間に担当者の方がやってきて、話を聞いた。

私がしたいのは、綿の敷布団1枚の打ち直し。
話を聞いていると、今の布団の綿に同量の加工した綿を足して、3枚の布団を作るとのこと????
私は綿の敷布団1枚の打ち直しがしてほしいだけ。
「3枚もいらない。あっても2枚まで。良質の綿と言ってくれたこの布団の綿だけを使って打ち直しは無理?」と聞いた。
出した布団の綿だけで布団を作るのはできないとのことであった。
そのあと、布団生地を見せてくれて、こちらのほうが先に見せたものよりいい生地と説明があるが、業者からは値段は言わない。
「お値段は?」と聞くと、「いい生地のほうだと1枚38,000円で、そうじゃないほうだと28,000円」
もらったチラシを見せて「綿掛け布団1枚8,800円(税別)じゃないの?」というと、
「これは掛け布団で、サイズは小さくて、生地も売れ残りのものを使ったもので・・・・。」と・・・。
「現場に、この布団の綿を多めに入れて(足し綿の量が同量ではなくて)布団を作るように指示しますが・・・。」
と、次々話し始める。

この布団1枚出して3枚(もしくは2枚)は作らないといけないとすると、2枚で56,000円
【1枚の布団で複数枚の布団を作らせて、そのうえチラシと違う内容・・・・、ありえな~~い】と判断。
「チラシの説明で良いと思って来ていただいたが、申し訳ないがこのたびはやめさせていただきます。ご足労いただいたが申し訳ありません。」と行って、丁寧にお断りさせていただいた。

午前中のセールスの人に値段等を聞いたときに、「午後から担当者を来させますので、詳しいことは聞いてください。」といったのはこう言うことだったのか。

その後インターネットで地元の布団打ち直しの店を調べて、問い合わせたところ、「それなら足し綿しなくてできると思います。お値段ですか?1万円を少し出るくらいだと思います。」とのこと。
もちろん地元の業者さんにお願いすることにしました。


来ていただいた担当者さんには申し訳なかったが、飛び込みセールスを使うのはリスキーだなと改めて思った。


スポンサーサイト



プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる