木のプロが我が家を見る。

我が家絵文字名を入力してくださいは木をふんだんに使った家(本当はそんなでもないかもしれないのだけど・・・。)ということで、昨日、林業試験場の場長と職長さんが我が家を見たい(業務上、どこにどんな木材が使ってあるか検証したいらしい)と言うことで、引渡しも済んでいないのだけど、見ていただきました。
使用した木材は、土台が県産材の桧。
壁の中に入って見えませんが、構造材の筋交いなどは杉のよう(ほかにも使ってるかもしれませんが・・・。)です。
柱は、大黒柱が桧、間柱も節ありの桧。
梁は、外材になる米松です。
ゆかは、1階2階とも水回りにはクッションフロアーを貼ったので、そこは木材ではありませんが、1階のリビング・ダイニング・廊下、2階の廊下はカラマツ(ロシア産)、1階の納戸と2階の和室以外の床は樺桜(節あり・・・かなりお安いらしい)を使用してもらいました。2階のロフト部分は、合板のフロアー材になっていました。
玄関の天井と、外壁の木部分は杉板。
1階リビング及びダイニングの腰板は、南洋材のアピトンで、その周りに使用したのが米松とホワイトパイン。
2階の腰板と壁板は米松です。
1階和室の床は、欅。床柱は松が使ってあります。
1階和室の押入れの中は桐板です。
1階の扉は玄関扉をのぞいて、杉板で作っていただきました。

こうして文字で書いていくと木が結構使ってあるようにも思えてきました。ハピィw

これらの木材(県産材)を使用したおかげで県の助成金が交付されます。
昨日、交付決定通知書なるものが郵送で届きました。
交付決定額60万円。
在来工法で建築した場合15万円 + 県産材を一定以上使用し、その使用した量(㎥)によって最高60万円まで 計75万円(最高)が助成されます。
ということは、我が家は絵文字名を入力してください在来工法で15万円 + 県産材使用で45万円 の計60万円助成が受けられることになったわけです。
出費折り重なる中、60万円はとてもうれしいです。ちょき
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momokokurosuke

Author:momokokurosuke
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる